ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
CASE
ホーム - b3i(ビー・キューブ・アイ) - 事例紹介 - 大手ワイヤレスサービスプロバイダ B社

事例紹介 | 経営者の方向け

写真

サービスの高収益化と厳密な原価管理により、事業の採算性を大幅に向上。

大手ワイヤレスサービスプロバイダ B社
2006年4月10日

課題・問題

新しく編成した社内組織は採算性に問題を抱えていることが分かったが、具体的な原因と解決策がわからない。

Over View

大手ワイヤレスサービスプロバイダB社が新たに編成したサービス導入支援部隊の業績は、当初の予想とは異なり、採算性に大きな問題があることが分かりました。

B社はサポートのレベルを上げることで収益の改善を図りましたが、今度はサポートレベルを高く設定したことによるコスト増から、収支体制に悪影響を及ぼす結果を招いてしまいました。

このため、B社は新しいビジネスモデルと価格、契約戦略を必要としていました。しかし、それらを定義する為の知識と経験を持った人材を社内に有していなかったのです。

Point

  • 採算を確保するために現在の問題点を明確にしたい。
  • 収支体制を改善する施策を講じたい。

→この課題の成功事例を見る

 

Page:01 | 02


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright