ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
CASE

事例紹介 | 経営者の方向け

写真

地域ごとに分散しているIT環境を統一し、TCO削減と情報共有の効率アップを実現。

医療関連企業 U社
2006年2月13日

課題・問題

複数地域で展開している分散型のIT環境を集中管理し、一貫したサービスを提供できる強力なビジネスモデルが必要。

Over View

医療関連企業U社は、5つの地域でビジネスを展開しており、分散型のIT環境を採用しています。そのため、メンテナンスコストの増加や情報共有の妨げなど、数多くの非効率を招いていました。また、さまざまな基本的サービスの提供方法も地域ごとに異なっており、調達プロセスやアーキテクチャの標準定義なしでアプリケーションおよびハードウェアのポートフォリオを作成していました。

U社のCEOは全地域を通じて一貫性と整合性を確保し、無駄をなくして効率をアップするために、社内のIT戦略とビジネスゴールを完全に一致させる体制を確立したいと考えていました。しかし、それを自社単独で実現するのは難しく、U社は強力なビジネスモデルと外部の信頼できる専門家のアドバイスを必要としていました。

Point

  • 分散したIT環境の中央集中管理を実現し、TCO削減と、全地域を通じたサービスの一貫性と整合性を確保したい。

→この課題の成功事例を見る

 

Page:01 | 02


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright