ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
CASE

事例紹介 | 経営者の方向け

写真

システム運用コストを大幅削減することに成功。

政府関連部局 E局
2006年8月21日

課題・問題

既存システムの機能強化コストが高すぎる状況を改善しなければならない。その為には、システムの利用価値を正しく評価し、適切な投資レベルを明らかにする必要があるが、そのノウハウが無い。

Over View

政府関連部局 E局のITシステムは、E局の流通に関わる業務をサポートしていました。しかし、長年使用しているうちに追加する機能が増え、これに伴って管理コストも増大していました。

コストが限度を超えていると判断したE局の管理者層は、このシステムの利用価値を正しく評価し、投資を継続するか否か検討することにしました。

しかし、適切な投資レベルを明らかにするには、高度なノウハウと膨大な作業が必要です。E局は、局内でこれに対応することは不可能と考え、この問題の解決をガートナーに依頼しました。

Point

  • システムの利用価値を明らかにするための基本データを収集しなければならない。
  • 収集したデータを用いて他のケースと比較検討し、適切な投資レベルを算出しなくてはならない。

→この課題の成功事例を見る

 

Page:01 | 02


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright