ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
CASE

事例紹介 | 経営者の方向け

写真

数値化された確かなデータに基づき、年間500万ドルのコスト削減を達成。

化学薬品製造業 A社/従業員17,000人 年間売上7億ドル
2005年4月4日

課題・問題

コスト削減に向けてIT部門のアウトソーシングを検討。
しかし、何を基準にして判断を下すべきか、誰にアウトソースすべきか分からない。

Over View

化学薬品製造業 A社では、IT部門のコスト削減による利益確保が大きな経営課題でした。
これまで数年をかけて、部門人員のリストラによる再構築、社内プロセスの改善、裁量支出の合理化などにより、年間予算の25%まで削減することに成功しました。

更なるコスト削減のために、A社のCIOは、4つの主要サービスである、ヘルプデスク、分散コンピューティング、データセンターおよびコミュニケーションに関してのアウトソーシングを調査することにしました。

しかし、A社では、アウトソーシングに関する知識や経験が少ないため、どのような調査をし、それぞれの委託先を正しく評価・選定すれば良いかがわかりませんでした。そのため、適切な経営判断を下せなかったのです。

Point

  • アウトソーシングによるコスト削減効果が分からない。
  • アウトソーシング先の選定方法が分からない。

→この課題の成功事例を見る

 

Page:01 | 02


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright