ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
CASE
ホーム - b3i(ビー・キューブ・アイ) - 事例紹介 - 大手自動車製造メーカー T社

事例紹介 | 経営者の方向け

写真

自社のROI(投資対効果)、サービス品質レベルを正確に把握し、より効率的な投資が可能に。

大手自動車製造メーカー T社(英国拠点)
2005年8月24日

課題・問題

ITコストが増大している。
ビジネスのために必要とはいえ、投資に見合った価値を得ているのだろうか?

Over View

T社では、ここ数年の企業成長にともないITコストが増加し、投資額はマーケティング費用につぐ第二位へと増大しました。しかし、IT投資によってどの程度の価値を得ているのかを明確に認識していなかったため、投資の妥当性や改善の必要性なども分からなかったのです。

そのためITコスト、内部プロセス、組織構造の分析を実施し、他社と比べ自社のROI、サービスレベルの妥当性を知る必要がありました。

Point

  • IT投資に見合った価値を得られているのか分からない。
  • サービス品質の評価と目標達成度を客観的に把握する必要がある。

→この課題の成功事例を見る

 

Page:01 | 02


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright